鎌倉市議会議員 永田まりな Marina Nagata

Marina Nagata Official Website

| newspaper | contact | twitter |

鎌倉市議会議員 永田まりな Marina Nagata

BLOG 活動の記録とお知らせ

思うこと

2017年04月06日(木)23:15 著者:永田まりな
カテゴリ:今日の出来事
タグ:ガラスの天井/永田まりな/街頭演説/鎌倉市議会/鎌倉市議会議員/

最近、朝の駅頭で重なった方から帰り際に
(いつ、どこで、どなたに、とは言いません)
「女性ってだけでたくさん受け取ってもらえていいね〜」
と、言われました。

全て否定するのも間違えかもしれません。
そして言葉の言外に込められた思いは私には本当のところは分かっていないのかもしれません。

ですが

正直に
とても含みを持たせた、失礼な言葉で
とても悔しく、悲しく感じました。

少なからず私はこの4年間議会月を除く毎月の駅頭を継続して行ってきました。

今、第三者から見て
チラシを受け取っていただいている様に見えるとするなら
その4年間の答えなんではないでしょうか、、。
(実際にそんなに受け取っていただいているわけではありませんし、認められている、とも微塵にも考えていません)

私に対しても
そして受け取ってくださっている方にも
とても失礼な言葉だと感じました。

見た目のことを指摘されることもあります。

やっぱり、という枕言葉つきでわれることもあります。

まだまだ見えない壁がたくさんあります。

夕方の街頭演説でお伝えした

勝手なカテゴライズされた社会から
あらゆる生き方の選択肢が無限にある社会に

これを胸に
私は私のままで
ひとつずつやっていきます。

色んな方にお声掛けしていただきましたが
その中には姉妹都市フランスニースの方も!
鎌倉とニースで何かやりましょう、と
ワクワクするようなお話も。
たくさんのあたたかさと一緒に明日も頑張ろう!

がいとう1

がいとう2


さくら祭り

2017年04月01日(土)16:50 著者:永田まりな
カテゴリ:活動
タグ:さくらまつり/七里ガ浜/永田まりな/鎌倉市議会/鎌倉市議会議員/

あいにくの天気で残念だなぁ…と思って伺ったのですが
雨の中でも盛り上がってるところがさすが七里ガ浜!
桜もまだまだつぼみの状態ですが
今日の熱気で少し開花が進んだんじゃないかな…!?
さくら2

お餅つきもテントの中でしっかり行われ
さくら1

お母様方の手により
さくら7

おいしくいただきました!
さくら8

午前中で完売した七里ガ浜名物手作りアップルパイもいただけました!
さくら6

それにしても地元ってありがたいなぁ…。

今日も厳しいお声もいただきましたが
それも含めて
最後はあたたかく見守ってくれている感じが伝わってきます。

今日いただいた声はしっかり市に届けます!


インターン生の卒業

2017年03月31日(金)14:40 著者:永田まりな
カテゴリ:今日の出来事
タグ:インターン生/永田まりな/鎌倉市議会/鎌倉市議会議員/

今日で2、3月期のインターン生が卒業しました。
市議会議員には(ほとんどの議員が)秘書がいないので
2ヶ月間ほぼ全ての活動を一緒に行いました。

2015年夏期より大学生に政治を身近に感じてもらいたい、との考えから
受け入れをしている大学生インターン生ですが
実際はこちらが教えられることばかり。
とくに10代、20代前半の学生さんが
政治をどう見ているのかなどの視点には耳の痛いことばかりです。

インターン生より感想文が届きましたので掲載します。
こちらも、ああ、こうやって見ていたんだなぁ、、と色々考えさせられました。笑

彼女のこれからの大学生活と
これからの人生が
ワクワクするような毎日になることを祈って、、。

2ヶ月間ありがとう。

、、毎回のことながらさびしいよ〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

■インターン生感想文■
今回インターンをさせて頂いた感想は、市議会議員さんは私が思っていたよりも市民目線で近い存在なんだなと思いました。街を歩けば知り合いやご友人に会ってコミュニケーションをとる姿が印象的で、政策とかよりもそれが一番大切なのかなと思いました。私も影響を受け、サークルの中で喋ったことない人に話しかけて、仲良くなったりしました。あと四年間、変わらずまりな会や駅頭などを続けているのもすごいと思いました。もちろん政治に関することを教わることも勉強になりましたが、まりなさんの姿を見て学ぶこともあったので一年生のうちからインターンやって良かったと思いました。

なっちゃん


平成29年度予算、他諸議案に対する鎌夢会の賛成討論

2017年03月23日(木)15:16 著者:永田まりな
カテゴリ:活動
タグ:予算/永田まりな/鎌倉市議会/鎌倉市議会議員/鎌夢会/

昨日、任期最後の予算議会が閉会しました。

2月議会は次年度予算案を審議する非常に重要かつ内容の濃い議会で、会期も一番長く約1カ月半あります。

今年、我が鎌夢会の代表質問には高橋代表が登壇し

予算等審査特別委員会には高橋代表と日向議員が参加。

平成29年度一般会計予算外15議案に対し、全て賛成させていただきました。

しかしながら、もちろん全てに対しもろ手を挙げての賛成、という訳ではなく

代表質問や予算等審査特別委員会を通じて様々な角度、また会派議員がそれぞれ四年間取り組んできた諸課題について質問・提案をしました。

昨日の本会議では会派を代表し、日向議員が賛成討論に参加しましたので、平成29年度予算に対する賛成討論を以下記載致します。

最後に

右も左もわからないまま議会、という特殊な正解に飛び込み早くも4年が経とうとしています。

一般質問や委員会質疑においては

素人が何を言っているんだ、と思われる方もいらしたと思いますが

等身大の34歳のいち、女性市民である私が感じている感覚を大切にしながら、毎回議会活動には全力投球させていただきました。

この2月議会でも一般質問等を通じて提案をしていた

・鎌倉市職員の配偶者同行休業に関する条例

・鎌倉市企業立地等促進条例

の2つが提案、可決されましたが

このほかも併せ、提案していた政策のいくつかが実現ができたことを多方面の関係・協力者の皆様に御礼を申し上げます。

また、いつもあたたかくも厳しく見守っていただきました市民の皆様にも併せて御礼を申し上げます。

そしていつも励まし合い、ともに研鑽を重ねた会派議員の三人に感謝したいと思います。

 

 

 

平成29年度一般会計予算外15議案に対する鎌夢会賛成討論全文

只今、議題となりました平成29年度一般会計予算外15議案に対し、
鎌倉夢プロジェクトの会を代表し、賛成の立場から討論に参加致します。
この度の予算案は、松尾市政2期8年の集大成の予算であり、
公約が如何に実現し、実現しなかったものは何か、
なぜ、実現しなかったのか
今後の実現の可能性や道筋は、出来上がるのかと言う点に着目し
代表質問や予算特別委員会での質問を通じて検証して来ました。

松尾市長の公約は、「子ども・教育のまち」「いつまでも住み続けたいまち」「市民みんなが誇りに思うまち」「オープンでコンパクトな市役所」の4項目で構成されておりますので、各項目ごとに意見を申し上げておきたいと思います。

 

まず「オープンでコンパクトな市役所」の項目でありますが、この項目は、主に行財政改革に関連する項目で、

給与の構造改革や超過勤務手当の大幅縮減、特殊勤務手当の大幅廃止、正規職員数の削減等々、多くの成果を達成し、全体としては90%以上の達成率でありました。
この度、鎌倉市本庁舎整備基金を制定するように、今後は、これら行革効果で生み出した財源を計画的に積み立てながら様々な大規模事業実現に向けて対応して行く事を求めるものであります。
また、土地開発公社においては、土地代が右肩上がりの時代、用地を公社が先行取得し総事業費を縮減しながらやって来ましたが、土地代が、下落したり、横ばいの現状では、その効果は、逆に出る現状であります。幸い公社の簿価残額も約30億円になることもあり、そろそろ解散する事を決めるべきである事を付言しておきたいと思います。

 
次に「いつまでも住み続けたいまち」でありますが、様々な防災施策を集中的に実施した事もあり70%以上の達成率でありました。
ただ、新ごみ焼却炉の建設に関する道筋を付ける事が急務で、平成29年度は近隣住民の方々と信頼構築を実現するために集中すべき一年であります。住民の心情に寄り添い、対話が出来る環境が整うよう慎重な対応をお願いするものであります。

 
次に「子ども・教育のまち」では、保育園の待機児対策を重点的に取組み709名の定員増を図ったものの未だに待機児解消には至っておりませんでした。今後予定する新園計画はあるもののできるだけ早い対応を求めるものであります。また子供の家でも待機児が恒常的に発生している状態が続いており、待機児解消に対する対策が求められています。
また、産院が、一か所になった事を受け、セーフティネットとして、鎌倉市医師会に依頼して開設して頂いた「ティアラ鎌倉」でありますが、1億以上の赤字が数年続いております。市内や近隣市に産院が増えた事が、要因でありますが、そろそろその運営の仕方を根本的に変える協議を医師会とすべき時期が来たと思います。セーフティネットとしての位置づけを残しつつ、如何に費用対効果を求められるか平成29年度中に医師会と協議する事を求めるものであります。

 
最後に「市民みんなが誇りに思うまち」でありますが、開発抑制や緑保全に対する取り組みが遅れていることが、分りました。国や県との協議が難しい事は承知していますが、歴史のまち鎌倉として、使命感を以って取り組んで頂くよう求めるものであります。市長におかれましては、あと半年、しっかりと道筋を付けられるよう取り組んで頂きますようお願い致します。
また、文化財をまもり、次世代につなぐ事は、鎌倉市の歴史的使命であります。しかし、その文化財の数は膨大な上に、埋蔵文化財の発掘調査も毎年行われ、出土品の整理は、追いつかず30年分以上たまっている状態です。文化財総合目録の再整備とデジタル化も取り組む時期がきています。まずは、全体をどのように進めるのか50年分くらいの長期スパンで「文化財行政全体の総合計画」を策定し、計画的に進めるべきであります。予算も何千億円かかるのか、明らかにし、予算措置も計画的に行うべきなのであります。一年でも早い計画策定を強く求めるものであります。

 
以上でありますが、審査の過程で申し上げました様々な意見も是非、参考にして頂き、真摯に行政運営に取り組んで頂けますようお願いし、討論を終わります。

 


街頭演説

2017年03月19日(日)19:35 著者:永田まりな
カテゴリ:活動
タグ:永田磨梨奈/街頭演説/鎌倉市議会/鎌倉市議会議員/

またまたやりました
街頭演説!

がいとう5

今日は反省が多い、、
応援にきてくれたみんなのためにも
もっとレベルアップしなくちゃ!

内容は主に

・女性の様々な生き方応援について

・企業立地支援について

・なぜ政治家を志したのか

でした

がいとう1

今日は昨年のインターン生が応援にきてくれました

がいとう4
うれしいな
ありがとう!


プロフィール

鎌倉市議会議員 永田まりな

鎌倉市議会議員 永田まりな
初めまして! 鎌倉生まれ鎌倉育ち、鎌倉市議会議員の永田まりなです。 日々鎌倉で過ごして感じること、思うこと、これからのこと、そしてプライベートのことも… 少しずつ綴っていきますのでお付き合いください。
» プロフィールの詳細はこちら

テーマ

ブログ内検索

page-top