神奈川県議会議員 永田まりな Marina Nagata

Marina Nagata Official Website

| newspaper | contact | twitter |

神奈川県議会議員 永田まりな Marina Nagata

BLOG 活動の記録とお知らせ

青年局全国一斉該当活動〜拉致被害解決に向けて〜

2021年06月14日(月)0:01 著者:永田まりな
カテゴリ:今日の出来事
タグ:永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/

今日は青年局全国一斉街頭活動
拉致被害解決に向けて
新百合ヶ丘駅に同世代の仲間が集まりマイクリレーにてお訴えをさせていただきました。

拉致被害者を取り戻す。
これは政党を超えて、国全体が一丸となって取り組むべき問題だと思っています。
毎年行っていますが来年こそ行わないで良い状況になりますように、、。

そのあとは同期の枡県議と、市議選補選と市長選が行われている三浦市へ。
先程、無投票当選が決まったと一報が入りました。
おめでとうございます!
5C246D94-C23E-4A9A-98B0-6BB78D1768BD

515CE890-73E1-4379-8B33-AEECE5ECE152

CAEBD474-9B26-4A04-B2FF-04E3FCB5025D

E4DC595F-11D6-4EAB-97F1-E01E759989E7

6C067E15-00E4-448B-BC9B-114E7705CC33


一般質問が決まりました

2021年06月10日(木)0:14 著者:永田まりな
カテゴリ:未分類
タグ:永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/駅頭/

おはようございます
今朝は鎌倉西口駅頭スタート

今日は友人が応援にかけつけてくれました
湿度も低く気持ちの良い朝
一日の良いスタートがきれそうです

昨日の議会運営委員会において
6/25金曜日15:10から一般質問をさせていただくことが決まりました
鎌倉の声を届けてまいります
傍聴もできますのでいらしていただける方はご一報ください
頑張ります!

BF2F160B-7666-427E-8FB3-90925D50C606


鎌倉駅東口駅頭!

2021年06月08日(火)11:51 著者:永田まりな
カテゴリ:お知らせ
タグ:永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/駅頭/

おはようございます
今朝は鎌倉東口駅頭スタート

やっぱり大好き、鎌倉東口

小さい頃、弟と鎌倉スイミングスクールの帰りに、今は不動産屋さんになっている和菓子店で人形焼きができるのをへばりついて見ていた思い出がよぎる、、笑
どんな時でも鎌倉市民を見守ってくれているような場所ですね

ここに来るとただいま!って気持ちになります

今日はこの後一日県庁

頑張りましょう!

3BB8AC09-1602-4582-AAC6-7E705B56B7E9


厚生常任委員会

2021年06月08日(火)11:50 著者:永田まりな
カテゴリ:未分類
タグ:永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉/鎌倉人/鎌倉市/

厚生常任委員会が開会されました。

新型コロナウイルスの最近の感染状況
宿泊療養施設におけるクラスター発生とインド株について
東京2020オリンピック・パラリンピックへの対応について(関連で県内の潜在看護師の活用について)
ワクチンのキャンセル枠有効活用システムについて
等について報告があり、質疑を行いました。

我が会派川崎部会長から
最近の感染状況について確認をし、感染が増えていて危惧をされているインド株について、非常に感染力が強く、クラスターが発生したパークインホテル厚木のようにマスクを付けていても感染するということは飛沫感染だけでなく、エアロゾルの空気感染や共通使用する物品などの接触感染の可能性について確認したところ否定はできないということでした。こうした感染力の強く、マスクがあっても感染するのであれば、県が推奨しているマスク会食は意味がないのでないか、という指摘、それに併せて、マスク認証や店舗の見回り・感染防止対策の指導に浮いても抜本的に見直すべきではないか、という指摘をし、それに対しては、飛沫感染による拡がりもあるのでこれまでの取り組みをゼロにして新たな対策をするのではなく、これまで行ってきた対策にプラスして有効な対策を講じていく旨答弁がありました。

次に先日県が運営する宿泊療養施設であるパークインホテル厚木において県職員を含む複数名が新型コロナウイルス感染症に感染し、いわゆるクラスターが発生したことはインド株の感染力の強さが一つの要因であるのであれば、これまでの濃厚接触の定義についての見直しが必要なのではないか、という問題提起を行ったところ、県が国とは別に独自に定義をしても保健所設置市がそれに従うか分からないなどの課題もあるため、濃厚接触者の定義の変更は国が行うべきであり、6月1日に県の感染症対策会議においても課題となり、今後国に提起していく旨、ご答弁がありました。
これに対し、我が会派敷田委員から県の運営する宿泊療養施設においてクラスターが発生し、今求められているのは県の姿勢である、ということ、様々課題があることは間違いないが、ここまでコロナ対応に評価の高い自治体はどこも独自の取り組みをしていること、従来のやり方にこだわることなく、柔軟に対応すべきであることを強く指摘されました。

次に私から東京2020オリンピック・パラリンピックへの対応について、競技自治体と組織委員会による協議会の設置については、なぜこの時期なのか、1年前からオリパラの最重要課題はコロナ対応であることを考えると、この時期の設置は遅すぎると言わざるを得ない旨、指摘をし、コロナや対策の課題認識について質したところ、分散化する来日関係者の行動把握、滞在先でクラスターなどが起きた際の調整管理などの課題が上がられ、今後協議会では以上の内容に加えて、組織委員会として開催自治体にどのようなことを要請しようとしているのか協議をしていく旨答弁がありました。また、その中で、県としてはオリパラ向けに新たな病床を確保するのではなく、既存の病床や宿泊療養施設を活用していく方向性が示されました。
そのことから関連して、だとするならば医療現場の負担がかなり増すことから、現場の人材不足、とくに看護師不足に課題にあげられるため、潜在看護師の活用について質疑を行いました。先日、国としてワクチン接種の打ち手登録をされた場合、就職準備金として3万円の支援をすることが発表されたことに伴い、県としてかながわコロナ医療・福祉等応援基金の活用を含め独自支援をすべきであるという立場から見解を質したところ、今後、県として基金の活用も含めて独自支援を検討していく旨答弁を引き出すことができました

次にワクチンのキャンセル枠有効活用システムについて質疑をしたところ、6月7日運用開始との発表でしたが、まだ対象市町村も定まっておらず、6月7日に運用できるシステムが完成するという段階であることが判明しました。県は周知期間として早めに告知した、という見解を述べましたが、我が会派敷田委員からは、このようなやり方は県民の想いを裏切る結果になるということ、運用に際しては市町村への押し付けになるようなやり方は避けるべきであることを強く要望しました。

最後に敷田委員から他県で聴覚障害をもった患者さんが宿泊療養施設への入所を拒否された案件から本県の認識を確認したところ、そのような事態はなく、今後も拒否をする考えはないことが確認できました。

おまけ

髪をだいぶ切りましたが
誰も気づいてくれませんでした、、笑

D35211DF-E08C-404D-832D-FF9CD13453C8


神奈川県の支援について

2021年06月08日(火)11:48 著者:永田まりな
カテゴリ:未分類
タグ:永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉/鎌倉人/鎌倉市/

神奈川県
飲食店以外の影響を受けている事業者への独自支援へ。

先日本会議が明け方4:30ごろまでかかっても我が会派として要望したものが形になり、昨日の記事になりました。
昨年度産業労働常任委員会でも幾度も要望をくりきてきましたので本当に嬉しいです。

依然協力金支給の遅れが解消されません。
事業者のみなさんにとって、半年以上の営業の制限がある中での支給遅れは本当に厳しい状況かと思い申し訳ない気持ちでいっぱいです。
担当のみなさんは休みもなく動いてくださっているのはわかっているだけに、、なにか有効な手段はないか、これからも議論していきます。

9672BCAB-0EBC-40A4-98F5-3C1B4EB761A3


プロフィール

神奈川県議会議員 永田まりな

神奈川県議会議員 永田まりな
初めまして! 鎌倉生まれ鎌倉育ちの永田まりなです。日々鎌倉で過ごして感じること、思うこと、これからのこと、そしてプライベートのことも… 少しずつ綴っていきますのでお付き合いください。
» プロフィールの詳細はこちら

テーマ

ブログ内検索

アーカイブ

page-top