鎌倉市議会議員 永田まりな Marina Nagata

Marina Nagata Official Website

| newspaper | contact | twitter |

鎌倉市議会議員 永田まりな Marina Nagata

BLOG 活動の記録とお知らせ

臨時議会

2018年11月27日(火)23:03 著者:永田まりな
カテゴリ:活動
タグ:住民投票/永田まりな/臨時議会/鎌倉市議会/鎌倉市議会議員/

鎌倉市本庁舎整備に関する住民投票条例について

先般、地方自治法第74条第1項の規定に基づき鎌倉市本庁舎整備に関する住民投票条例の制定について請求があり、11月20日に臨時議会が招集され、22日に付託された総務常任委員会審議が行われた際、委員より修正案が出され可否同数となり隣委員長採決の結果可決されたので、11月27日に本会議にて条例と修正案に対する採決が行われました。
結論から申しますと賛成10反対15で修正案が否決となり、その後(修正案が否決となったため)原案の採決が行われ同じく賛成10反対15で否決となりました。
私たち会派は原案、修正案それぞれ反対とし、その考えを以下の反対討論で述べましたのでその概要を掲載いたします。

鎌夢会反対討論(抜粋)
8,270名にも上る署名を集められ、制度に則り、直接請求をされましたご苦労について、真摯に重く受け止めると共に敬意を表したいと思います。
また、多くの皆様に、直接請求の行動を取らざるを得ない状況をつくってしまった事は、本庁舎を深沢地域整備事業用地内へ移転する件に関し、審議経過を長年に渡り、報告を受けて来た議会として、広報や意見集約をする行動が、不足していたと反省しなければならないとも思います。様々な施策の結論を出して行く際、議会の重要な役割の一つに、多くの市民の皆様のご意見を伺い、衆知を集め、結論を出して行くという事があります。時に伺った意見の中に相反する意見があったとしても、互いが、争いあったり、いがみあったりしない様、時間をかけて、遺恨を残さず結論を出して行く事が肝要と考えます。そういう意味で、直接請求された皆様には、この度の条例案の結果の如何に拘わらず、今後も更に積極的に行政機能の再編計画にご参加頂き、全市民とってより良いものになるようお力添え賜り、議会へも叱咤激励賜れば、幸いです。
(反対の理由)
1点目は、第2条に関する件で、過日、台湾の総選挙が、終わり、様々な課題を住民投票していた事が、報道されていましたが、日本でも政府や基礎自治体は案件によって、直接民主主義の住民投票制度を積極的に取り入れた運営をして行く事を大いに推進すべきと考えるものではありますが、深沢地域整備事業用地内へ移転することに賛成か反対かを投票で、決する事を求める事は、前述の通り、正に住民の対立を誘発する内容であり、こうした案件は住民投票には馴染まないと考えるものであります。
2点目は、第12条に関する件で、鳥取市の例を上げて、投票結果の効力に、拘束条項を付記しない場合、裁判での有効性が、担保出来無いと意見陳述されておられたように、署名された多くの皆様は、拘束条項を入れる事に大きな意味を持って、署名された事と理解しております。しかし、現行法の中では、正にこの拘束条項が、違法であると解釈されている事から、残念ではありますが、違法な条項を認める事は、出来無いのであります。
では、修正案では、拘束条項を尊重規定に変更したのだからよいのでは、との議論もありますが、正にこの拘束条項こそ、この条例の重要ポイントであり、そこを議会で修正する事は、署名者の意に沿うことか確認できません。誤字脱字の類を微修正する事は、たいした問題では無いと考えますが、基本的には、条文を添えて、署名を頂いたからには、原案を議会で修正する事は、厳に慎むべきと考えるものであります。
以上が反対の理由として討論で述べた概要です。
また、行政に対し、これまで以上に市民意見の衆知に努めて頂きます事をお願い申し上げました。
これから本庁舎整備に関してはこれまで以上に注視し、議会などでの審議に取り組んでまいります。

※臨時議会議案集
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/soumu/documents/h30-11rinjikaigi.pdf
委員会修正案
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/gikai/documents/shuseian.pdf


プロフィール

鎌倉市議会議員 永田まりな

鎌倉市議会議員 永田まりな
初めまして! 鎌倉生まれ鎌倉育ち、鎌倉市議会議員の永田まりなです。 日々鎌倉で過ごして感じること、思うこと、これからのこと、そしてプライベートのことも… 少しずつ綴っていきますのでお付き合いください。
» プロフィールの詳細はこちら

テーマ

ブログ内検索

page-top