神奈川県議会議員 永田まりな Marina Nagata

Marina Nagata Official Website

| newspaper | contact | twitter |

神奈川県議会議員 永田まりな Marina Nagata

BLOG 活動の記録とお知らせ

極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル

2022年04月20日(水)13:39 著者:永田まりな
カテゴリ:今日の出来事
タグ:まりな会/永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/

先週15日から2年ぶりに開催されている極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル。

いつも素敵な空間のどんぐり工房はこの期間中、アートやお洋服、アロマ、カフェいつも以上に素敵な空間に。

大好きな人たちがたくさんいてまた行きたくなる。そんな場所です。どんぐり工房以外もまわりたいー!!

『極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル』2022年4月15日〜24日http://artfestival.jp/


まりな会

2022年03月19日(土)17:03 著者:永田まりな
カテゴリ:今日の出来事
タグ:まりな会/永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/

まりな会開催。

オンライン参加の方含めて計7名のご参加をいただき開催しました。

コロナ

ロシアによるウクライナ侵略

そしてこの一年議会でとくに力を入れて取り組んできた事案についてご説明させていただきました。

そのあとのディスカッションは大盛り。本当に幸せです。

その間も事務所ではスタッフ、お手伝いの方が集まりとある作業。(実はここ数日毎日集まってくれていました😭)

周りに感謝。本当に感謝。ありがとうございます!


2/17 大船モノレール駅頭

2022年02月17日(木)14:48 著者:永田まりな
カテゴリ:未分類
タグ:まりな会/永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/

おはようございます
今朝は大船モノレール駅頭からのスタートです

このあとは県議会代表質問が続きます


2/16 一般質問開始

2022年02月16日(水)14:47 著者:永田まりな
カテゴリ:未分類
タグ:まりな会/永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/

本日から代表質問が始まりました。本日、トップバッターで我が会派の加藤 元弥代表が登壇されました。質問項目は以下の通りです。

1 県政課題に対する知事の基本姿勢について
(1) 県税収入の見込みと当初予算編成の考え方について
(2) 未来を見据えた「かながわグランドデザイン実施計画」の検証について
(3) ヘルスケア・ニューフロンティア政策の今後の展開について
(4) 神奈川の地方創生の推進について
(5) 特別自治市構想について
2 県民の安全・安心を守る取組について
(1) 米軍の新型コロナウイルス感染症対策の強化に向けた取組について
(2) 地域防犯カメラ設置事業について
(3) 交通死亡事故防止対策について
(4) アクティブ交番の活動状況と神奈川県警察交番等整備基本計画の進め方について
3 本県の医療と福祉について
(1) 新型コロナウイルス感染症に係る今後の保健医療体制について
(2) 子どもの貧困への取組について
(3) ケアラー支援について
(4) 当事者目線の障がい福祉について
4 県政の重要課題について
(1) 脱炭素化に向けた令和4年度の取組について
(2) 脱炭素化に向けたEVの普及について
(3) 新たな水産振興施策の推進について
(4) 特別支援学校の整備について
(5) 県立学校における学校経営機能の強化について

現在鎌倉市内の山ノ内交番と台交番の統廃合に関して地域の皆様から様々なご意見を伺っているところですが、我が会派もこれまで委員会などで議論をしてきました。
今回も、統廃合を計画している地域からは治安悪化への不安の声があるのは事実である上で、県警察としては統廃合を進めるにあたりアクティブ交番を活用して治安維持、不安解消に向けて取組んでいることは承知しているということ、そしてそれらを理解した上で、統廃合を進めるためには地域住民のご理解、安心してもらう工夫が必要であるという観点からアクティブ交番の活動状況と神奈川県警察交番等整備基本計画の進め方について警察本部長の見解を質しました。

県警察からは、アクティブ交番は交番統廃合の後、治安対策と地域の方々が抱く不安を解消するため導入されたものであり、活動状況については交番機能と機動力12警察署に配置、今年度は8警察署に配置予定であること、小学校や公園を拠点とし、地理案内始め、パトロールや登下校の見守りなどを行ってきており、薬物事犯や飲酒などの悪質交通違反の検挙の実績あることが答弁されました。
また、計画についてはご理解とご協力を得ることは極めて重要であり、地域住民に対しては統廃合の経緯や治安対策について丁寧な説明に努めており、今後も計画を進めていく中で地域の皆様のご理解とご協力が得られるよう取り組んでいくことが答弁されました。

これを受け、加藤代表からは基本計画は時代に要請されたものと理解している。その上で交番は地域住民にとっては安心安全の拠り所。地域住民の理解を得るよう求め、また、アクティブ交番を積極的に活用し、治安維持を求めました。


2/5 質疑を記事にしていただきました

2022年02月05日(土)14:43 著者:永田まりな
カテゴリ:未分類
タグ:まりな会/永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/

先日の厚生常任委員会での質疑を記事にしていただきました。
今回はいつも以上に、罹患された方々を中心に様々な意見を伺わせていただき、その声や実情を質問に組み込ませていただきました。

これからも皆さまの声をしっかり聞いて、しっかり届けてまいります。


2/4 県庁

2022年02月04日(金)14:42 著者:永田まりな
カテゴリ:未分類
タグ:まりな会/永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/

今日は定例会、1週間前議運のため県庁に。

昨日の厚生常任委員会のご報告です。

オミクロン株の感染拡大、また、神奈川県が開始した自主療養制度等についてを中心に議論しました。

現在の感染状況を確認したところ、伸び率は鈍化しているものの、2月6日には新規陽性者が1万人を超える試算をしているということです。
また、病床の稼働率についても全体で55%を超えており、受け入れをする医療従事者の陽性、濃厚接触による出勤停止も増えており、引き続き危機的な状況が続いていることも分かり、病床の確保とともに、下り搬送の充実、また、宿泊療養施設の稼働率が依然として10%を切っていることから、更なる稼働の促進を強く要望しました。

また、前回の委員会で我が会派から提言していた濃厚接触者の隔離期間の短縮についてですが、2月2日より隔離期間の定義が10日より7日に変更となりました。
しかし、保健所の業務圧迫などにより中々、当該者に伝わっていない現状があるため、周知徹底を要望し、今後はLINEのパーソナルサポートなどでも広報していく旨の答弁をいただきました。

そして、様々ご意見を伺っております、神奈川県自主療養制度については、急な体調悪化や、不安に応える対応として従来使用しているコロナ119番を30回線から50回線に増やして対応しているということでしたが、実際に1回目で繋がる方は少なく、だいたい2回目に繋がる状況であるということを鑑みても、東京のうちサポ―トといった自主療養専用のサポート体制とセットで運用開始をすべきであったことを強く指摘しました。

また、自主療養制度を行うためには抗原検査キットなどセルフテストが前提となるにも関わらず、市中では入手困難な状況が続いていること、また、自主了承制度届での民間のコロナ保険金請求ができない点、濃厚接触者のフォロー体制の甘さ、などについて質疑を行ったところ、指摘した課題についてはほとんどが制度運用後、現在国等との調整をしている、という答弁が続いたため、全体的に見切り発車の感は免れない点を強く指摘し、県民が安心して療養でき、罹患していない県民にも安心を与え、県民との信頼関係を壊すことないよう制度設計、運用をすることを強く要望しました。

その他、私学への自主療養制度の周知、県立循環器呼吸病センターにおけるクラスターの発生について、保健所における臨時休園への対応などについても議論を行い、県民によりそった対応を要望しました。

写真は先日いただいたうなぎ。
ああ、うなぎが食べたい、、( ˊ̱˂˃ˋ̱ )


2/1 新型コロナ 自主療養について

2022年02月01日(火)14:39 著者:永田まりな
カテゴリ:未分類
タグ:まりな会/永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/

新型コロナ 自主療養について

2022年1月時点で新型コロナウイルスのオミクロン株の感染が広がっています。若い方や基礎疾患のない方は重症化の可能性が低いことが分かってきた一方、重症化リスクが高いとされる高齢者への感染が徐々に広がっていることから、限られた医療資源をリスクの高い方へ重点的に提供したいと考えております。

そこで、重症化リスクの低い方で抗原検査キットや無料検査で陽性が判明した場合は、医療機関の診断を待たずに自ら療養を始められるよう、「自主療養」をお選び頂けることとしました。

(注意)医療機関での検査で陽性になった方は「自主療養」をお選びいただけません(自主療養届出システムで自主療養届を発行できません)。

この件に関しては今後委員会で質疑を通して議論してまいります。

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/ms/mt_report.html

1/29 鎌倉青年会議所賀詞交換会

2022年01月29日(土)14:37 著者:永田まりな
カテゴリ:未分類
タグ:まりな会/永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/鎌倉青年会議所/

昨晩は鎌倉青年会議所の新年式典 賀詞交換会を開催いたしました。

例年であればお食事をお楽しみいただきながら皆様と親睦を深めさせていただくのですが
本年はまん延防止等重点措置がとられている中での開催のため、飲食はなし、お席の距離をあけて私共の2022年度体制の方向性をお示しすることを中心に開催させていただきました。

私からは第58代理事長として、本年度の理事長所信を述べさせていただきました。

テーマ「包容」
スローガン「相互理解の先にある未来へ」

互いの違いを理解し、尊重しあい 
すべてを受け入れ
誰ひとり取り残さない多様性あふれる社会へ

鎌倉青年会議所は本年度挑戦してまいります。
2022年度体制もどうぞよろしくお願い申し上げます!

こんなに緊張したのはいつ以来だろう、、
というくらい緊急した理事長表明。
ここでしか体験できないことがある青年会議所。
機会をいただけたことに感謝いたします。

そして多くの方にご参加いただき見守っていただいたことにも重ねて感謝申し上げます。
ありがとうございました。

※理事長所信表明はアクリル板を設置してマスクを外し、集合写真は撮影時のみマスクを外しました。


1/21 臨時議会

2022年01月21日(金)14:36 著者:永田まりな
カテゴリ:未分類
タグ:まりな会/永田まりな/永田磨梨奈/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/

まん延防止等重点措置に係る補正予算約411億円の審議のための臨時議会がつい先ほど閉会しました。
(総員賛成により可決されました)
所属する厚生常任委員会も開かれ、オミクロン株への対応を中心に議論させていただきました。
以下に本会議での我が会派の賛成討論を記します。
特に私立学校、幼稚園、保育所の対応については所管の厚生常任委員会で述べた内容であり、今後も注視してまいります。

(写真は同期の加藤議員と控え室で。)

本県の新型コロナウイルス新規陽性者数は、人流の増加や圧倒的な感染力を持つオミクロン株の影響等により、わずかな期間で、爆発的に新規陽性者が激増し、本日も3412人の新規陽性者が確認されています。先週1週間のオミクロン株への転換率は86.9%と、ほぼオミクロン株に置き換わっています。感染者数はここ3週間で約170倍となり、昨日に続き、連日過去最多を記録し、今後の病床の逼迫などが懸念されています。
そうした状況の中、1都3県では、まん延防止等重点措置の適用を1月17日に国に要請し、政府は1月19日に適用を決定。本日より2月13日までの24日間、その措置が図られます。昨年10月25日のリバウンド防止措置期間の解除から、わずか3ヶ月ほどで、再びの措置となっており、爆発的な新規陽性者の増加に歯止めが掛からない状況になっています。

今回、提案された協力金第16弾の申請開始時期については、調整中とのことですが、審査・支給については早急に示し、引き続き迅速な対応を求めます。
今後、飲食店に対する何らかの営業時間短縮等の要請をしていくことになった際には、県民への感染拡大防止対策を講じるとともに、マスク飲食実施店のインセンティブを確保しつつ、神奈川県の事業者だけが他地域に比べて不利にならないよう、県内事業者の立場に立って、1都3県で調整を行うことを求めます。
また、措置の決定には結論ありきではなく、県民、事業者、県議会の意見をふまえ、決定していくべきであり、丁寧な対応と説明責任を果たすことを求めます。

次に、コロナ禍の学校における臨時休業、学年閉鎖の判断基準です。現在のオミクロン株による第6波に即した対応が求められています。しかし、その判断基準が、現在、第5波のデルタ株を前提としたものとなっています。年度末で学習プログラムの履修において残り時間も少なく、入学者選抜も迫るなか、現状に合わせた新たな基準を速やかに示すことを国に要望するとともに、市町村の小・中学校が対応と判断に苦慮する現状をくみ取った対応を求めます。

次に私立学校、幼稚園、保育所のコロナ対応についてであります。1月19日現在、県内の私学幼稚園で20園、保育所に関しては政令中核市を含めて129施設が休園しています。休園するかの判断は幼稚園、保育所共に1名でも陽性者がでれば休園しているところがほとんどです。これら未就学児の施設の休園は保護者への影響も大きく、就労している保護者への支援が必要です。市町村と連携した支援制度の拡充を強く求めます。

新型コロナウイルス感染症拡大防止については、県民の協力無くして成しえるものではありません。そして、飲食店や利用者双方が感染拡大防止に向けて秩序を保ち、徹底したマスク飲食店等の感染防止対策が図られるよう、明確な周知を改めて求めます。


1/20 1日県庁!

2022年01月20日(木)14:35 著者:永田まりな
カテゴリ:未分類
タグ:まりな会/永田まりな/神奈川県/神奈川県の取り組み/神奈川県議会議員/鎌倉人/鎌倉市/

朝から議運、厚生常任委員会で一日県庁。
そして今、鎌倉市役所において昨年のコロナワクチン接種のお手伝いをしたことで鎌倉青年会議所として感謝状をいただきました。

あしたはまん延防止に係る議案審査のため臨時議会が開かれます。
あしたは長い一日になりそうだ。

寒い。
帰ります。


プロフィール

永田まりな

永田まりな
初めまして! 鎌倉生まれ鎌倉育ちの永田まりなです。日々鎌倉で過ごして感じること、思うこと、これからのこと、そしてプライベートのことも… 少しずつ綴っていきますのでお付き合いください。
» プロフィールの詳細はこちら

テーマ

ブログ内検索

アーカイブ

page-top